ラフマニノフ:ヴォカリーズ

作曲家指揮フィラデルフィア管弦楽団(pearl他)1929/4/20・CD

イージーリスニングの小品として非常に著名で、ラフマニノフでも一般的には一番の有名作だろう。無言歌という名の通り甘くせつない旋律と淡々とした伴奏だけの簡素な曲だが、それゆえに旋律をどう歌うか勝負となる。そこにこの録音状態は致命的。音色が聴き取れず、わかりやすい特徴というとストコフスキのようなテンポルバートくらい。ピアノ演奏を聴く限り耽溺する人ではなかったようなので、音色の魅力があまり引き立ってこないのは敢えてそうしている・・・いやそうではないだろう・・・音色変化を付けようとした痕跡は残っている。暗い夢想を悪い録音で聞くのは、まあそれはそれでよいのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード