ラファエル:合唱交響曲「大いなる知恵に」Op.81

ツヴェトゥカ・アーリン(alt)ライムント・グルムバッハ(b)ギーレン指揮バイエルン放送交響楽団&合唱団(cpo)1965/12/22ミュンヘン・ヘルクレスザール・CD

驚くべきことにモノラル録音なのである(しかもそれほどクリアではない)。構造こそ伴奏と合唱(独唱)という対比で進む単純な曲ではあるが、壮麗な音楽を楽しむのにマイナスであると言わざるを得ない。老子をテクストに使っているとは言え音楽は硬質のヨーロッパ現代のものでツェムリンスキーやマーラーの香りは全くといっていいほどしない(前者の突き放したような客観性、後者の木管の用法は似るか)。といって現代曲というほどではなく、前衛とは一線を置いている。しずかな響きの教会音楽的要素もあり、陰鬱な天気の日に流しっぱなしにするといい(とにかく同じような調性で長いのだ)。気分を害することはない、暗い雰囲気の変化のない大曲。変な政治的主張やささくれだった心情の深層の反映されない(一部楽章はダイナミックだが)、ストレートに重く、ある意味無害でもある。歌唱が楽曲的に主軸となるので刻んだり合いの手を入れたりするだけのオケ部とは違って、楽しめる人は楽しめるだろう。ギーレンは引き締まった音楽を作りとても若い頃の録音とは思えない。もっとも歌がメインとなるので管弦楽は二の次だろう。こういう単調な曲だから別に合唱指揮を立てている可能性は低いか。アメリカやフランスの20世紀前中期無名交響曲よりはよほどしっかり簡潔で耳に馴染む。立てたり貶したり面倒だ(長いのである)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード