スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オネゲル:交響曲第5番「三つのレ」

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(RCA)1952/10/27・CD

ミュンシュらしいオネゲルで、中音域の異様に充実したズシリとくる演奏。惜しむらくはモノラル録音だが、オネゲル生前の時代の空気をそのままに伝えるドキュメントであり、またミュンシュの作る中心に寄った響きにも合っている。強い求心力は抒情味を押し退けてでも激情の迸りを表現し、ハーモニーの精妙なバランスや構造の明晰さより、オネゲルが交響曲で一貫して表現してきたベートーヴェン的な強靭な世界の芯を捉え、3楽章においては輝かしい勝利、そして謎めいた終演のレ音まで明確に打ち出している。この曲は明るく軽くやることもできなくもないと思うがミュンシュは2番3番と同じふうにやり、これがスタンダードであるべき、と有無を言わせず聴かせにかかるのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。