オネゲル:交響的運動第3番

デュトワ指揮バイエルン放送交響楽団(erato,naxos)CD

鋭さが少し足りない気もするが、近代映画音楽の祖の一人としての腕の発揮された、抽象音楽でありながらあざといくらい、ヒンデミットの日和った曲くらいアピールするフレーズや派手な響き、立体的構造をアピールして進む行進曲的な曲で、かっちり出来上がっているから演奏によってそうそう崩れることはないし、オケがバヴァリアなので、本来中欧にて演奏されることを想定していたことも考慮すると似合わないわけがない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード