ラヴェル:ボレロ

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(RCA)CD

ステレオ。ミュンシュはテンポを崩したような演奏もしているがこれはバランスの取れたまっとうなボレロ、しかし勢いと力感はもはやバレエではない域に達した名演。ラヴェル音楽祭の指揮者を若き日に勤めただけある、オケも不断の緊張感でのぞんでいるし音も技術も素晴らしい。録音が古くて印象的にはノイジーな雲に覆われた感もあるのが残念。
AUTHOR: サンセバスチャン URL: DATE: 12/20/2017 21:08:08 今朝FMで
今朝FM からボレロが聴こえてきました。遅いテンボでパリ管弦楽団みたいな音。ミュンシュ?それにしてはバラけているし、加速も目立たない。ミュンシュ盤、こんなにオーケストラやる気なかったか?
確かにパリ管弦楽団でしたが、バレンボイム。各自の練習はのびのびと素晴らしい音だったが、本番は吹っ切れない海や、春の祭典の実演を思いだしました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード