ワグナー:「ニュールンベルクのマイスタージンガー」~1幕への前奏曲

トスカニーニ指揮NBC交響楽団(m&a/WING/guild/IDIS/youtube等)1954/4/4カーネギーホールlive放送・CD

トスカニーニ引退決心演奏会(翌日表明)のラストプログラムで、オールワグナーという手慣れたものとはいえかなり肉体的にも精神的にもきつかったと思え、この前のタンホイザーでの記憶障害のショックからかラスト前にステージを去り、戸惑い気味の拍手を受ける指揮棒が残されたという。演奏はもうトスカニーニのものとは言えないのかもしれない。普通に良い演奏ではあるが、「普通に」であり、もはやテンポの弛緩すら感じさせず、大人し目のテンポでカッチリしたアンサンブルを仕上げた、、、オケが。なので悪くはない。指揮棒を落として去るトスカニーニの存在すら音に表れていない。そういうものである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード