ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」

アンセルメ指揮ボストン交響楽団(melusina)1961/12/8live

冷たく厳しく、しかしリズムがキレて扇情的でもある。初演者たるアンセルメのかつてのバレエ指揮者として発揮した劇性を、抽象的に昇華させた晩年の記録であり、オケが機能性を誇るオケであるがゆえにアンセルメの「数学的な」音楽を忠実に再現しながら包蔵される愉悦性まで感じさせる。ノイジーだがクリアなモノラル録音であり、スイス・ロマンドならライヴでこうはいかなかったろう、しかも響きは透徹していながら透明感を感じさせない緻密な響きは時にズシズシくる。オケのカメレオンぶりにも感銘を受ける演奏だ。ミュンシュとは別種の力ある演奏である。2つの組曲版。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード