ラヴェル:クープランの墓

ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(DA他)1953/7/26タングルウッド音楽祭live

長大なナレーション入りの放送エアチェックもの(andanteかどこかが配信したものはどうだかわからない)。ガチャガチャした非常にノイジーなモノラルで、ステレオ再生機で起こしたらしく高音域が拡散し破裂気味、それゆえ分離が上から悪いという状態でまず鑑賞向きではないが、最盛期ミュンシュのラヴェルらしい溌剌としリリカルな音楽で、微細なまでに配慮の行き届いた表現の彩が美しい。リズムの明確さはここではまさに舞曲的に前進するタイプのもの、とても曲にあっている。曲によりロマンティックな重さがなくはないが、意思的な解釈はミュンシュの魅力そのもので取るに足らない要素だ。終曲の勢い、カラフルさは特筆すべきだろう。全般的に非常に演奏精度が高く、録音の悪さが惜しまれる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード