ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ

ロザンタール指揮パリ国立歌劇場管弦楽団(Ades/Universal)1957-59・CD

意外と醒めており音も明瞭すぎて色に憂いが無いが、中間部では感情的な分厚い表現もみられ、ハッキリしたアタックに、変な話だがプーランクの弾いたジムノペディを思い出した。ロザンタールらしくもなく、古い演奏スタイルが残っているのかもしれない。響きの繊細なバランス、全体としての密やかさは秀逸。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード