過去分聞きなおし;飛行機にて

帰路聴いたもの。リドルのRVW「野の花」衰えもあるがゆったりしたテンポ、ハーモニーの美しさは同曲の魅力をはっきり伝える。プリムローズ/サージェントのウォルトンのスタジオ録音、指が回ってない!フランチェスカッティのVnCライヴのが指が回る。PHILIPS正規録音。セッション録音なのに高音や細かい音がとれないのはヴァイオリンサイズに近いヴィオラでメリットを出したと言われるプリムローズらしくない。ウォルトンの書法の問題点はヴァイオリンでも同様にあるので、弦楽器理解の浅さはあるかもだが今は弾ける、一流どころなら皆んな…ルフェブールのラヴェル両手放送ヘタ、ニュアンスとかいろいろ!記憶よりスピードも遅い。オケ重。ブリテン鎮魂交響曲自演ライヴ地味。

ニコレ・アンリオ・シュヴァイツァーのミトロプーロスとのラヴェル両手ライヴが存外良い。乗りに乗っているとこうなるのか。しかしミトロプーロスがついてかない(弾き振りもできよう名手なのに)。木管ソロ等置いてけぼり。大ブラヴォ…

AUTHOR: サンセバスチャン URL: DATE: 09/08/2018 08:00:19 アンリオおばさん
アンリオおばさん、ニューヨークフィルとも共演していたのですね。
ミュンシュとのライブを昨日聴いていましたが、ラヴェルもダンディもおもしろかったです。特にダンディはスタジオ録音が生ぬるく感じるほど、3楽章がキビキビしておりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード