プーランク:4手のためのピアノ・ソナタ

ゴールド&フィッツデール(P)(columbia/sony)1953/1・CD

「フレンチ・アルバム」と称するこのモノラルレコードの最後を飾る名品で、プーランクのピアノ曲でも1、2を争う小品ではないか。都会的で洗練されミヨーともサティともドビュッシーとも違う。世俗性を理知的な音楽に昇華させている。よく指が回るコンビが、この1分あまりの3曲が循環構造でしっかり書かれていることを理解した上で、プーランクのソナチネ的にわざと書かれた(サティ的)2曲目を綺麗に聴かせ、あとは両端楽章で指の強さと靭やかさを示せば曲になる。このコンビは自作自演ではないかと思わせる板につきよう。しかしもっと指が強いからぐっと引き込まれる。良い配列だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード