マルタン:管弦楽のための四つのエチュード

アンセルメ指揮ハンガリー国立交響楽団(放送)1965/9/20live

ネット配信されている音源。良好なステレオだが放送ノイズが入るところが多い。ショスタコが始まったかと思いきやいきなりのバルトーク楽章にずっこける。換骨奪胎しているが発想やリズムや響きはほぼまんまなピチカート楽章。ここはしかしオケががんばり、鋭く、なかなか圧を感じる。緩徐楽章は似たものを知らないが、よくある晦渋な「クッション楽章」といえるかもしれない。四楽章はやっとマルタンらしさが出るかと思いきや、このリズムに曲想は…オネゲルだ。もっともここは換骨奪胎度が高く、また一楽章のショスタコぽいメロディ(マーラーぽい付点音符リズム)が現れる。三楽章で休んだけれどかなり厳しい弦楽。だが、ここは個性的な上り詰め方をし輝かしい長大な音符をもって弾ききっている。アンセルメにとってはバルトークもオネゲルも好きな曲だろうし、マルタンはパクリというか「換骨奪胎」しているので解析的には「オリジナル」と言えよう。蒼く燃え立つ焔の如し。この日のライヴでは最も好き。客席反応は比較的良い。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡林リョウ

Author:岡林リョウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
カテゴリ
TAG

ストコフスキ 四重奏団 フィテルベルク ミュンシュ トスカニーニ コンドラシン バルビローリ 作曲家 モントゥ アンセルメ 作曲家演奏 ブール エネスコ ガウク ミトロプーロス ロスバウト サージェント オイストラフ フランセ ワイエンベルク ORTF アンゲルブレシュト サモスード デゾルミエール イワーノフ ゴロワノフ ムラヴィンスキー ピエロ・コッポラ モイセイヴィチ ベーム セル クーベリック カルミレッリ シュヒター バーンスタイン ビーチャム パシャーエフ ツィピーヌ アルベール・ヴォルフ パレー ウォレンスタイン アラール オーマンディ サモンズ 山田一雄 ロストロポーヴィチ シェルヘン モートン・グールド ギレー モイーズ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード